실로암 시각장애인음악재활센터

login shortcuts Main menu shortcuts Main text shortcuts

팝업레이어 알림

팝업레이어 알림이 없습니다.


Home > 点字の理解 > 点訳・校正者の紹介

点訳・校正者とは?

点訳・校正者は視覚障害者が触覚を利用し、 本を読めるよう一般の文字を点字に翻訳し、 校正する人を指します。 主に視覚障害者福祉館、 点字図書館、 盲学校、 視覚障害者連合会傘下団体等で働きます。 点訳・校正者として働くためには、 保健福祉部が公認した民間の資格証を取得する必要があります。 試験科目は五つ(国語、 英語、 音楽、 数学・科学(コンピューター)、 日本語)で、 合格した科目数にしたがって1級から3級の資格が与えられます。 その中でも音楽科目は、 速く正確に楽譜を解釈して、 楽譜に書かれてある内容を全て点字で表現し、 その内容を校正しなければならないため、 点訳及び校正者の専門性と音楽的能力が問われます。

点字楽譜の必要性

音楽は視覚障害者が自分の感情を表現できる手段であり、 特に晴眼者にくらべ鋭い聴覚を持った視覚障害者がより能力を発揮できる領域です。 それゆえ視覚障害者は視覚より聴覚に頼る習慣があり、 音楽を習う際にも聴覚の活用度が晴眼者より非常に高いです。 しかし、 聴覚ばかり依存して音楽を習う場合、 音程、 楽想、 強弱など音楽を正確に学習するには限界があります。 また、 楽譜には作曲者の意図や思いが書かれているため、 これを正確に把握し、 演奏するためには楽譜を分析及び理解することが必要です。 だからこそ、 点字楽譜は視覚障害者が音楽を学習したり、 専門的な音楽活動をするために必需的な資料です。

点字楽譜の製作課程

1. 点訳
点訳 写真
  • 1)
  • SiloamBraille, Duxburyプログラムを活用した点訳
  • 2)
  • 楽譜点字変換プログラムGoodfeelを活用した点訳
2. 校正
校正 写真
国際標準にしたがって点訳された点字楽譜を、 校正者(視覚障害者)と点訳者(晴眼者)が1対1で楽譜の全内容を朗読しながら校正
3. 検査
検査 写真
校正が完了された点字楽譜を最終的に点検し、 より専門的で品質ある点字楽譜を製作